NFTとは
NFT( Non-Fungible Token )とは、偽造不可な鑑定書及び所有証明書付きのデジタルデータのことで、暗号資産と同じくブロックチェーン上で発行および取引される。デジタルデータはその性質上容易ににコピーや改ざんができるため、現物資産のような資産価値を付与する事ができませんでした。

 しかしブロックチェーンの登場によりこの状況が一変しました。ブロックチェーン上のデジタルデータは、参加者相互の検証によりコピーや改ざんがしにくく、デジタルデータに資産価値を持たせられるようになりました。ビットコインに代表される暗号通貨が資産としてやり取りできるのは、この仕組みによるものです。

 これまでも、デジタルデータに電子透かしを入れるなどの方法はありましたが、コピーや改ざんを直接防ぐことはできませんでした。デジタルデータに唯一無二の価値を持たせることを可能にしたのがNFTなのです。

「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」とは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」です。基盤技術にブロックチェーンを活用することで、これまで海賊版友いわれていたコピーが容易であったデジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値を付与します。唯一無二の資産価値がデジタルの世界に生まれ、新たな売買市場を生み出す可能性のある技術として注目を浴びています。

この新しいデジタル資産NFTは、ビットコインやイーサリアムを始めとする暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行および取引されます。国境を超えた取引が即時にできるデジタル世界に、現物の宝石や絵画などのような資産価値が生まれはじめており、近年では中には数億円の価格が付くデジタルアート作品も登場していいます。
Utility Token
(ユーティリティトークン)
具体的な他のアセットと交換できて初めて資産性が出てくるトークン
Security Token (セキュリティトークン) それ自体に金銭的価値が認められるトークン
Fungible Token (ファンジブルトークン) メタ情報如何にかかわらず区別されないトークン
Non Fungible Token (ノンファンジブルトークン) 同じ種類や銘柄でも個別に付与されたメタ情報によって区別されるトークン
(1) Non Fungible
ブロックチェーンにより、デジタルデータに「唯一の価値」が証明される
(2) 移動可能性
所有者は暗号資産と同様に、自身のNFTを自由に取引することが可能
(3) 価値の可視化
マーケットプレイスに再販価格が表示されるなど、価値を簡単に把握することができる
(4) 誰でも作成できる
誰でもNFTを作成し、市場に流通させることができる
(5) プログラマビリティ
さまざまな付加機能をデータ自体にプログラムできるため、「作者の手を離れても、流通時には作者に一部の収益が還元される」など新しい仕組みを構築できる
NFTにまだ馴染みのない方にも口座開設やWallet管理、作品の購入、所有管理までをシームレスに行えるスマートコントラクトの設計により、手軽にNFTアートを所有することができます。

NFTの将来性
従来、デジタルデータは容易にコピー・改ざんができるため、現物の宝石や絵画などのような資産価値があるとはみなされていませんでした。デジタルデータに電子透かしを入れるなどの方法はありましたが、コピーや改ざんを直接防ぐ技術はこれまでありませんでした。NFTを活用することで、NFTが唯一無二のトークンを作成し、モノやサービスの紐づけることで、デジタルデータが「唯一無二の価値」を持つようになりました。NFTはイーサリアムベースであるスマートコントラクトを利用しているから為、所有者が担保され所有者を特定する技術をもつことでできます。唯一無二ということを証明できる技術であることから、今後、アート分野のみならず、幅広いジャンルでの活用が期待されています。